主婦やフリーターとして働く人も 即日融資は受けられる!

〈即日融資でお金を借りたいのだけれど、主婦の私でも大丈夫でしょうか?〉…と、この手の質問を受けることがあります。一言で質問に答えるならば、「大丈夫です」。

 

厳密に言うと、“おそらく”大丈夫です。フリーターの人だから即日融資は無理とは言い切れませんし、主婦だから確実に即日融資が受けられますとも言い切れません。

 

即日融資が受けられるかどうかの判断は、その人の働き方の問題ではなく、その人の収入の問題と言えそうです。

 

やはり、正社員で働く人の方が有利なのでは?

 

融資の申請をすると、必ず審査を受けることになります。この審査にパスしなければ、お金を借りることはできません。この審査にパスする条件はさまざまあるわけですが、必ずしも収入が絶対というわけではありません。

 

アルバイトで働く人の中には、新卒社員並みに収入がある人も結構いるものです。また一説によると、大学を卒業した社会人1年生の正社員より、同じ職場で5年くらい働いているアルバイトの人の方が審査にパスしやすいという話です。

 

つまり審査で重視しているポイントは、収入や融資希望者の働き方よりも、「同じ場所にずっと働いていて、確実に収入がある」ということにあると言えそうです。ただし、継続勤務が全てというわけでもないので、社会人1年生の人が審査にパスできないという話でもありません。

 

消費者金融は多くの会社があり、それぞれに独自の審査基準があります。同一人物でも、A社からは融資が受けられたけれど、B社は審査にパスしなかったということもままある話です。そして、その判断は、実際に消費者金融で働いている人にもわからないものです。

 

〈どっちつかずで頼りないな〉と思われるかもしれませんが、そうではありません。融資を希望する人のそれぞれ事情に合わせて、各消費者金融の会社がそれぞれ対応しているということです。

 

“一定以上の収入”に込められた返済額との関係

 

消費者金融のHPには、“一定以上の収入”という文言があると思います。けれども、具体的に月収●●万円以上とは書かれていませんね。即日融資を受けたいと思っている人にとって、具体的な月収●●万円の数字が知りたいところだと思います。

 

しかし、この月収●●万円の数字は、“あえて”明確にしていないのです。例えば、月8万円の収入があるパートで働く主婦の人が、5万円の即日融資を受けたいと考えています。

 

一見すると、月8万円の収入で5万円も借りるのは不可能そうです。しかし、この主婦の方は無事に融資を受けることができました。ここでポイントとなったのが、融資希望額の5万円という数字ではなく、月々の返済額の数字です。

 

つまり、一括返済だとその額が月の収入の大半になってしまいます。しかし、月3,000〜4,000円の分割返済ならば返済可能だろうと判断されたのです。

 

月々の返済額から融資の希望額を逆算すれば、収入が十分ではない人でも即日融資を受けられる可能性がありそうですね。以下では各消費者金融会社の詳細スペックを用意しました。参考までにチェックしてみてはいかがでしょうか。