在籍確認電話の時間指定はできる業者とできない業者がある

キャッシング審査の在籍確認電話は、電話がかかってくる時間帯を希望できる業者とそうでない業者とに分かれます。

 

そして実際のところは、在籍確認電話の時間指定ができる業者というのはかなり少ないようです。そもそもなぜ時間指定を行いたいのかと考えると、それはキャッシング会社から融資を受けようとしていることを職場や家族から勘付かれたくないからであり、内密にしたいからこそ在籍確認の電話には自分で対応したいと思うのでしょう。

 

融資申し込みの事実が発覚すれば無用な誤解を招いたり、出世に悪影響など出てくるかもしれないわけですから、そんな風に思うことはなんら不自然ではありません。

 

ただし、キャッシング会社からの在籍確認電話は、基本的には個人情報保護のため、在籍確認のための電話であるということは伝えず、審査担当者の個人名でかけてくるものです。

 

つまり在籍確認の電話の際には、担当者はキャッシング会社の名前さえも一切明かさないのです。ですから、もしもほかのスタッフが電話口に出たとしても、消費者金融などから電話がかかってきたのだとは気づかないはずです。

 

自分で在籍確認の電話にでることができない場合でも

 

また、自分で在籍確認の電話に出ることができなくても、電話に対応したスタッフが「ただ今○○は社外に出ております」といった具合に応答してくれれば、それでその職場に勤務しているという事実を知ることができますから、在籍確認が取れたと判断されるのです。

 

もちろん、在籍確認の電話をかける時間帯を予め指定できる業者に申し込むのであれば、必ず自分で電話に出られる時間帯を指定すればよいのです。

 

時間指定ができない業者でも在籍確認の電話をできるだけスムーズに、そして穏便に済ませたいのであれば、電話対応をしているスタッフに事前に伝えておくことも有効なのではないでしょうか。