クレジットやカードローン学生の場合、在籍確認はどのように行われるのか

学生向けに作られたサービスの中で、学生専用のクレジットカードやキャッシングローンといった商品も数多く登場しています。

 

そういったサービスを上手に利用し、学業や生活を少しでも快適にさせたいと思っている学生の方も少なくないでしょう。但し、たとえ学生向けのクレジットカード、キャッシングといったローンであっても、避けて通れないのは本人確認を行う「在籍確認」です。

 

在籍確認の連絡がくる場所とは、アルバイト先や登録をしている派遣会社であるわけですが、やはり学生にとってあまり消費者金融やローンを利用しているということを周囲に知られるのは避けたいところでしょう。

 

生活が厳しいのか、もしかしたら遊ぶお金欲しさに消費者金融に借金をしているのだろうか、と変に周囲に勘ぐられるのも良い気持ちはしませんよね。

 

そのような点も踏まえて、学生向けのカードローンでは、キャッシング会社も十分に学生の方を配慮した在籍確認を行うようにしています。

 

学生向けカードローンの在籍確認は学生に配慮してある

 

アルバイト先や派遣会社に在籍確認の連絡が来る事にはなるのですが、消費者金融、キャッシング会社という会社名を名乗るというようなことはしません。

 

個人の名前で「○○と申しますが、××様はいらっしゃいますか」というように電話をかけてくるので、電話を取り次ぐスタッフにも消費者金融からの連絡だと知られることもないのです。

 

本人がその場にいない場合でも、「××は席を外しています」「××は本日お休みを頂いております」と電話を受けたスタッフが対応すれば在籍確認はこれで完了になります。

 

アルバイトや勤務先以外では、自宅や実家に在籍確認の電話連絡をする場合もありますが、こちらも個人名で電話をかけてきます。
これは提出された住所や電話番号などの情報が正しいかどうかを確認するための電話連絡ですので、こちらも念のため頭にいれておくようにしましょう。