バイトやパートの方は予め職場で知らせておくのが無難な、在籍確認の電話

消費者金融などからキャッシングを行う際は、職場への在籍確認が行われることが法律によって義務付けられています。

 

ですから、もしも在籍確認が取れないような状況が何日も続いてしまえば、審査自体が完了とならず、融資を受けることもできません。できるだけ速やかに融資を受けたいのであれば、この在籍確認を速やかに済ませることも重要になってきます。

 

しかしながらバイトやパートでお勤めの方は、勤務先に在籍確認の電話がかかってくる場合、どのようにすればいいのか悩む方も多いかと思います。

 

多くの方は、勤務先には消費者金融などから借り入れを行おうとしていることを伏せておきたいものですし、在籍確認の電話がかかってくるのであれば、自分でその電話に出られたほうがいいに決まっています。

 

アルバイト・パートの勤務先に在籍確認の電話がかかってくる場合

 

それでも現実問題としては、職種によって自分では電話に出られないことも多いはずであり、電話対応する人物は決まっているという職場も多いはずです。

 

となると一番無難なのは、自ら正直に消費者金融からの在籍確認電話があるかもしれないことを、電話対応している人に告げておくことです。

 

消費者金融としては個人情報を保護するためにも、キャッシング審査の在籍確認電話であることは告げず、審査担当者の個人名で電話してきます。ところがバイトやパートなどで勤務している人の場合、外部から個人名で電話がかかってくることを店長などから不審に思われるケースもあります。

 

そして職場側としても個人情報保護を理由に、在籍していることを言わないまま電話を切ってしまう可能性も出てくるのです。もちろん、電話を取った人物が「これは在籍確認の電話かもしれない」と察してくれて、深く追求せずに確認に応じてくれたら良いのですが、職場で無用な誤解を与えてしまったり、在籍確認失敗で審査に通過できなくなるといった問題を抱えるぐらいであれば、予めこの在籍確認の電話のことは職場で伝えておいたほうが無難なのです。