休職中の審査では在籍確認で通過出来ない場合がある

怪我や病気で健康な時と同じように仕事をする事が困難になり、休職してしまう事は少なくはありません。

 

休職中は収入が減ったりなくなってしまったりし、まともな生活を過ごす事が出来なくなる事もあります。そのような時に消費者金融を利用しようとする方も多いのですが、いざ、休職中に借り入れをしようと思い申し込みをしても審査に通過し借り入れを受ける事は難しいと思います。

 

副業場合や配偶者の方が一定の収入を得ている方であれば比較的審査を通過し借り入れをする事は可能です。返済する事が出来るかというのは消費者金融側からすると非常に大切な事で、収入が少なかったり、ないに等しい方への融資にはリスクが生まれるので審査に慎重になるのは仕方ありません。

 

休職中の審査申込みでも在籍確認は必要

 

休職中に審査の申し込みでも在籍確認は必須になります。休職中でも勤務先には在籍しているので勤務している会社の電話番号を登録しても問題はありません。

 

休職中の方への会社の電話は対応は「○○さんは現在休職中です」が一般的な回答となると思いますが、会社によっては在籍をしていないという対応をする会社も存在しています。在籍確認が取れない場合は審査を通過する事が難しくなってしまいます。

 

「在籍確認の電話がかかってくるから在籍している事を伝えてくれ」とお願い出来ればいいのですが、職場の知り合いに消費者金融を利用する事を知られたくない方には出来ないと思います。

 

できる限り復職してから申込みが望ましい

 

貯蓄がある場合や復職するまでに利用せずにいられる場合は利用する事なく復職してから消費者金融を利用する事が1番だと思いますが、どうしても利用しなければいけない場合やお金が必要となった場合は審査に通過出来る可能性を上げるためにも申し込みをする前に消費者金融のお客様窓口や電話で在籍確認の事に関する質問や相談をしておく事をオススメします。

 

わからない事をわからないままにしておくのではなく、わからない事がない状態で審査に申し込む事をオススメします。