自宅への在籍確認を行ってくる消費者金融への賢明な対応方法とは?

消費者金融などでキャッシングの審査を受けた際には、必ず自身の勤務先に在籍確認の電話がかかってくるものです。

 

しかし、中には審査を慎重に進めるため、自宅への在籍確認電話をかけてくる業者もあるようです。もっとも、申し込み方法が無人契約機であったり店頭窓口であれば、本人が自宅を離れているわけですから、スピーディーな在籍確認は難しくなってしまうことでしょう。

 

消費者金融側はそのような場合にもまた改めて時間をおいて電話するといった対処を行うので、特に問題はないのですが、すぐに自宅の電話に出られないとなると審査終了までの時間が余分にかかってしまい、融資を受けられるまでの時間もその分遅くなるということを念頭に置いておく必要があります。

 

そこで対策として有効なのは、自宅の固定電話がある場合、留守電設定にしておくことです。電話をかけた際に留守電になっていれば、そこの住所に住んでいるということが分かるから在籍確認がとれた、という風に見なす消費者金融もあるからです。

 

自宅に固定電話がなかったら

 

もし自宅に固定電話がないという方は、携帯電話への在籍確認電話があることを想定しておいて下さい。固定電話に比べれば携帯電話は対応しやすいはずです。もっとも携帯電話の普及により、今では自宅の固定電話への在籍確認まで行っている業者は少数派です。

 

また、自宅以外の場所からスマホやインターネットを使って申し込みするのであれば、在籍確認の電話の時間指定できるかどうかを予め調べ、できるようであれば在宅している時間に電話してほしい旨、伝達しておくことをおすすめします。

 

当然家族の誰かが電話に出てくれるのであれば、その家族に対応をお願いしておけばスムーズに事を運ぶことができるでしょう。