カードローンで審査があまいのは銀行?

銀行からお金を借りるケースはよくあります。

 

家を買うときのローンや車を買うときのローンなど、銀行からお金を借りることになります。いろいろなローンがありますが、銀行からこういったローンを受けるときには審査が厳しいのが普通です。

 

そのため、このようなローンをうけるまえにはまずこの厳しい審査を通る必要があります。しかしこれが非常にネックになっていました。

 

ローンを受けようとしたことがある方ならわかるかと思います。しかし、最近の銀行のカードローンというのはこれらのローンと比べて審査が甘い傾向があります。

 

銀行もたくさんの融資を行うことで利益を得ています。多くの方に気軽に融資を受けてもらいたいという思惑もあって、このように審査の甘いカードローンが生まれていると考えられています。

 

そのため、金利も非常に低く設定されています。限度額も個人の要望によって変えられるため、非常に使いやすくなっています。

 

なんで審査が甘い?

 

ではなぜ一番審査が甘いのが銀行のカードローンと思われているのでしょうか。まずは、収入に関しての審査です。 他社のカードローンでは、それなりに収入があり、返済能力があると判断されなければローンは受けられませんでした。

 

銀行のカードローンはここが甘く設定されています。 そのため、主婦やパートの方でも融資を受けられることもよくあります。また、銀行のカードローンは年収の3分の1を越える融資も受けることができます。

 

これは銀行のカードローンに限った話であり、一般の消費者金融のカードローンでは絶対にありえません。こんな要素があるからこそ、銀行のカードローンが一番審査が甘いと言われている理由になるのかもしれません。