金利で選ぶなら銀行のカードローン

借り入れの時にもっとも気になるのが、金利。

 

金利が低ければそれだけ返済総額も下がるので、当然と言えば当然でしょう。

 

銀行のカードローンには最高金利と最低金利があり、それは条件などによって変動します。例を上げるとすると、某銀行のカードローンは最低金利が3.5%で最高金利が12%となっています。

 

この銀行のカードローンから10万円を借り入れしようと思ったら、やはり目が行くのは最低金利の3.5%でしょう。もしも10万円を3.5%の金利で借り入れ出来ればとても助かります。

 

ですが、ここが大きなポイントなのですが、10万円を借り入れする場合の多くは最低金利ではなく最高金利が適用されるのです。

 

金利の設定は借り入れ金額に左右される

 

銀行のカードローンの特徴の一つは、金利の設定の基準にあります。借り入れ金額が大きいと金利は下がり、逆に借り入れ金額が小さいと金利は上がるようになっているのです。

 

このため、最低金利だけを見て借り入れを行うと、思っていた金利とは違い驚いてしまう事もあるようです。そこで銀行のカードローンを選ぶ際には、借り入れ金額に対する金利をしっかり知る事がとても大事となってきます。

 

最低金利を目安とするのではなく、実際に希望金額を借り入れする場合に一体金利はいくらなのかを把握しましょう。

 

具体的に言えば、あなたは100万円の借り入れを現在検討中です。2社の銀行カードローンに借り入れ先を絞ったのですが、1社は最低金利が3%台とかなり低く設定されている銀行カードローン。もう1社は最低金利は5%となっています。

 

最低金利だけを見ると1社目の方がよいように思えますが、さらに詳しく調べると1社目は最低金利は3%台と低いものの100万円の借り入れには10%の金利が適用されるとわかりました。

 

しかし2社目は、最低金利は5%なものの100万円借り入れ時の金利は8%。2社目の方がとてもお得だったのです。このように、希望する借り入れ金額に対する金利をしっかりと調べる事は、返済の負担を大きく減らしてくれます。