銀行カードローンの住宅ローンに及ぼす影響

住宅ローンの利用を考えている方の中には、銀行系カードローンをすでに利用されている方もいるのではないでしょうか?

 

その場合気になってくるのが、すでに利用している銀行系カードローンが住宅ローンに何かしらの影響を及ぼすのではないかということではないでしょうか?

 

当然、すでに借り入れがある状態で住宅ローンの申し込みを行うことになるため、影響が全くないとは考えられませんよね。ではここで具体的にはどうなっているのかを見ていきましょう。

 

住宅ローンには不利な場合もある

 

率直に申し上げて不利に働く場合があります。中には銀行系カードローンの解約証明書の提出を住宅ローンの申し込みを行う際に求められることもあり、住宅ローンの審査を受ける前に銀行系カードローンの解約をしなければならないと頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

銀行系カードローンの利用情報は信用情報の記録として残りますので、本人が申し出なかったとしても審査過程で確実に分かってしまいます。そのため最初の段階で申し出なかったことが、審査へ悪影響を及ぼしかねません。必ず申し出ることをお勧めします。

 

銀行カードローンは完済すること

 

カードローンの残高が残っている状態で住宅ローンを申し込んだとしても審査を受けることが難しく、また審査を受けることが出来ても審査を通過することは難しいため、住宅ローンの利用を考えているのであれば、まずカードローンの借り入れを全額返済しておくことをお勧めします。

 

同じ系列の銀行なら影響しない可能性もある

 

利用中のカードローンと申し込みを行おうとしている住宅ローンがもし同じ銀行のものであるならば、審査へ及ぼす影響もそれ程甚大ではない場合もあるようですが、どちらにしても借り入れ残高が残っているうちに住宅ローンの申し込みを行うことは避けた方が良いでしょう。

 

審査に響くことは間違いないと言えるからです。そして可能であるならば、カードローンと住宅ローンは同じ系列の銀行を利用する方が良いのではないでしょうか。