借入れしやすい銀行カードローンの詳細まとめ

銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンのどちらの審査がより厳しいのでしょうか?

 

一般的には、条件がきちんと整っている場合であれば、銀行系のカードローンの方が審査は甘いと言われています。

 

その条件というのは現在進行形での延滞や過去に返済遅延を行ったことがあるなど事故情報がないというのは言うまでもありません。

選ばれてる銀行系カードローン

 

消費者金融系のカードローンは総量規制の関係から借入金額の上限が年収の3分の1までと定めなられていますが、総量規制の影響下にない銀行系のカードローンであれば、年収の3分の1を超える借り入れも可能なため、そういった理由からも銀行系のカードローンを選ぶ方が増えてきております。

 

これまでは銀行からの融資を受ける場合の多くが、個人事業主や法人の代表者など会社勤めをしている人以外だと考えられてきましたが、現在では顧客の求めに応じて、また銀行の経営戦略の変化によって小口の融資に力を入れるようになりました。

 

その結果様々な方が銀行系のカードローンの審査を受け借り入れを行うようになったのです。そして中には、消費者金融系のカードローンの審査を通ることのできなかった人が銀行系のカードローンの審査にのみ通ったという場合も出てくるわけです。

 

審査を通過するために重要な点

 

カードローンの審査を通過するための最も重要な要素はやはり返済能力にあります。他で借り入れもなく十分な返済能力を有しているのであれば銀行系のカードローンの審査を通過する可能性は非常に高いでしょう。

 

そして借入金額の大小に関わらず十分な返済能力を備えていると判断されなかった場合は、審査を通過することは難しいと言えるでしょう。

 

たとえ審査に通過しなかったとしても、そのことで何かしらの不利益を被るわけではないため、融資をご検討の場合はまず審査を受けてみると良いのではないでしょうか。